中古一戸建ての瑕疵担保責任について

中古一戸建ては、長年人が住んでいたために傷みがあるので売れやすいようにリフォームをして売りに出されているものが多いです。買って住むのに良い状態での引き渡しが普通で何も問題がないように思えます。がしかしこの中古一戸建てにどうしても新築でないので見えないところで障害があったたりします。例えば屋根などのクラップによる浸水があったりして内部に水が浸水して修理が必要な場合があります。この修理については、売った側が持つのかそれとも買った側はもつのかは場合によります。築年数が浅い場合には、この責任である瑕疵担保責任は売り手が負うことが多く、普通は買い手は築年が浅いので不動産の老朽化などを想定していないのでそのために買い手が責任を負います。一方、築年数は相当経過している不動産は、老朽化が激しい可能性もあるので、売り手のこの瑕疵担保責任を負うことを売買契約で明記していることは多く、通常買い手もそれに合意します。ですので中古一戸建ての不動産売買をする場合には、不動産の築年数を考慮してこの瑕疵担保責任の条項に注目して臨むことが必要で、このあたりを曖昧にしていると後で思わねトラブルが発生することもあるので注意が必要であると思われます。

鹿嶋市 中古住宅
3073

中古住宅購入の注意点

中古住宅を購入する時は、新築物件以上に注意点が多々あります。いくら手頃でも、住める状態にリフォームするのに大金が必要で、結局新築を買うのと同じくらいかかってしまった、というようなことはないようにしたいものです。よほど築浅物件でない限り、中古住宅を購入してまったく手を加えずに住む人は稀です。ハウスクリーニングやリフォーム費用など、トータルでいくらかかるかを基準にすべきであることはいうまでもありません。マンションの場合、同じ棟の別の住人に話を聞く、という手があります。自分が住んでいるマンションを悪くいう人などいないと思われるかもしれませんが、売買に関わっていない第三者ですので、意外と率直な意見が聞けたりします。住み心地や管理のことを中心に聞くと良いでしょう。上手くいけば売主のことを聞けるかもしれません。一戸建ての中古住宅の場合は、少なくともその家を建てたハウスメーカー、工務店、設計事務所等を聞いておきましょう。大小様々な業者が売主となっている一戸建てでは、施工業者の評判を調べることが不可欠です。分譲地の場合は、分譲した会社も確認しましょう。売主も気付いていない建物の欠陥などが隠れている可能性がありますので、専門家に調査を依頼することをおすすめします。

Copyright ©All rights reserved.中古一戸建ての瑕疵担保責任について.