中古一戸建てについて。

中古一戸建てとは元々、居住居などとして使用しており、新築ではない中古の一戸建ての建物のことをいいます。家の持ち主の方が転勤で引っ越すことになったりなんらかの理由ができて、家を手放すことになった時に第三者に建物の権利を譲る時に中古一戸建てとして扱われます。新築よりも安く購入できるという大きなメリットもあります。多くの場合はほとんど不動産会社に仲介してもらい第三者に中古一戸建てとして売りに出されます。

Copyright ©All rights reserved.中古一戸建ての瑕疵担保責任について.